アウトソーシングを成功させる活用事例

業務改善の必要性

昨今では、アウトソーシングに求められる提供価値が、リソースの提供よりも改善施策を提案してくれることへと変化しています。ビジネスにおける課題が多様に変化する中で、当初の業務プロセスがバランスを崩すこともあり、業務改善は非常に重要な要素となります。業務改善のために、問題点を発見することがスタート地点になります。

 

タスクの可視化

タスクを可視化するには、まず現状のタスクをすべて書き出しましょう。それからタスクを整理していきます。可視化のためのBizer teamというサービスは、実際の業務を間近で観察し、チェックリストに落とし込みます。そのチェックリストをもとにメンバーにヒアリングし、業務を詳細なマニュアルに落とし込むことで可視化を進めます。

 

タスクの型化

型を作る際に意識することとして、「再現可能性、代替可能性、改善可能性」の3つが挙げられます。Bizer teamでは、各自のノウハウを集めて蓄積し、継続的な振り返りの仕組みをつくることで、業務プロセスを常にアップデートすることを役割としています。

 

Brownies Worksのご紹介

Brownies Worksは、バックオフィス系SaaSを駆使して経理・労務などを丸っと運用します。お客様の現在のツールや運用に合わせるのではなく、「私達が考える最善のツールの組み合わせと業務設計」をそのまま導入していただくことで、適切な価格でバックオフィス全体の運用を可能にするサービスです。Bizer teamサービスと掛け合わせることで、業務が標準化し、さらに型化することで人材による業務水準のバラつきを減らし、属人化を防ぐことができます。