リベロ・コンサルティングの業務設計

企業の業績アップに貢献する業務設計を⾏います

バックオフィスの改善は「いくらコストを削減できるか」という観点で見られがちですが、それは非常に近視眼的な考え方です。
業務プロセスを最適化し、各所に散らばっていたデータを一元管理できるようにするだけで、これまでブラックボックスになっていたものが可視化され、経営判断の精度は格段にあがります
「人を採用しないとこれ以上案件を受けられない」と思っていた業務が、人を増やさないでもスムーズに回るようになります。
業務処理に時間的にも精神的にも余裕ができるので、新しいことに対する取り組みも増え、企業全体が活性化します。

バックオフィス全体を最適な形に再構築することで、業績アップさせる状態をつくることができるのです。

各所に散らばっていたデータを一元管理できるようにするだけで、これまでブラックボックスになっていたものが可視化され、経営判断の精度は格段にあがります
リベロ・コンサルティングで業務設計をする
メリット
あらゆる業種に対応可能
メリット1
あらゆる業種に対応可能

最終的に集約する会計データから逆算して上流工程を設計していきます。
会計知識を背景にしたデータフローや業務フローになりますので業種・業態を問わず対応が可能です。

運用フローからシステム構築まで一気通貫した業務設計を提供
メリット2
運用フローからシステム構築まで一気通貫した業務設計を提供

運用フローを再構築する上で、システムの再構築は必須であると弊社では考えております。
そのため、運用とシステムの設計をご提案するだけでなく、その後のシステム開発まで一貫して弊社で対応させていただくことが可能です。
(納品させていただいた設計書を使って、馴染みの開発会社などに依頼いただくことも可能です)

既存のSaaS等を有効活用し、短期間・低コストでの実装を実現
メリット3
既存のSaaS等を有効活用し、短期間・低コストでの実装を実現

すべてのシステムをゼロから構築すると時間もコストも膨大なものになります。
既存のSaaS等を有効活用して、複数のシステムを組み合わせることで、
早期に運用を開始することができます。